2007年09月

2007年09月18日

運が強くなる墓石や墓地の見極め方:野生動物の本能を取り戻せ:3代仲良く健康で同居の秘密

前号の私の墓石@最新情報というブログに「墓相:三井家創業者の妻の墓石や墓地から鳳凰や繁栄の雰囲気が強く放散:力の土地 」とのタイトルで書き、結構注目されて読んでもらいました。

今でも、その当時のことを不思議な感じでよく思い出します。三井家の墓石・墓地管理や供養のための専用のお寺があります。「先週も三井家の当主が来られました」と当時のお坊さんが言っておられましたが、そのお坊さんの手の指や足を見ると、それぞれ立派なたこつぼが多くできており、よほどの荒行か武術の修練をされた方だと思いました。そのようなお坊さんを、これまで見たことがないです。

三井家の墓石・墓地をお参りした時、三井家創業者の妻の墓石や墓地から鳳凰や繁栄の雰囲気が半径10メートルほど強く放散しており、一瞬不思議に思い三井家の子孫の墓石・墓地も全部見て回りましたが、そのような雰囲気は放散されず、潰れたというかベタッとした感じで死んでいる感じでした。

そこで再び、三井家創業者の妻の墓石や墓地の前に立つと、鳳凰や繁栄の雰囲気が半径10メートルほど強く放散を、再び感じました。隣のダンナの墓石や墓地は、三井家の子孫の墓石や墓地の雰囲気と同じで、潰れたというかベタッとした感じで死んでいる感じでした。何故、三井家創業者の妻の墓石や墓地だけからは鳳凰や繁栄の雰囲気が半径10メートルほど強く放散しており、子孫の墓はスカスカなのだろうと思い、確認のため再び子孫の墓石や墓地をすべて見て回りましたが、やはりスカスカの感じでした。

最後の3回目に、また三井家創業者の妻の墓石や墓地の前に立ちますと、やはりそこだけ特別の雰囲気で、まるで生きておられるようで、鳳凰や繁栄の雰囲気が半径10メートルほど強く放散していました。

三井家の女王蜂は、三井家創業者の妻だったんだなと思いました。

私は「中国では、先祖の墓地が運の強い土地にあれば子孫も繁栄するといわれています。中国の皇帝になった人は若い頃貧乏で親が死んでも埋める土地もなかったですが、墓地用の土地を提供してくれる善意の人が現れ、そこに親を埋めました。その土地が福運の土地だったため、後で皇帝になったと言われています」という話は最初は信じませんでしたが、三井家創業者の妻の墓石と墓地を見てから、そういうこともあるのかなと思えるようになりました。

運の強い土地とは、周辺の風景が美しいとは無関係です。風水とも違います。そこにいるだけで、またそこの場所を思い出すだけで、気分が落ち着きリラックスできる、癒される、病気が自然に治る、頭がスーとする、心身が軽快になる、良いアイディアが自然に思いつく、直感がよく働く場所のことです。何十年も生きていると、自動車などを運転していると、毎回そのように感じられる不思議な土地が2-3ヶ所あると思いますが、それが運の強い場所であり、そのような場所に墓地を求めて墓石を立てたいものです。

墓石を購入する際にも、無心になって、その石からどのような感じを受けるか全身全霊で感じてみるのです。その墓石から、”気分が落ち着きリラックスできる、癒される、病気が自然に治る、頭がスーとする、心身が軽快になる、良いアイディアが自然に思いつく、直感がよく働く”の感じを受ける時は、購入した方が良いようです。

運の強い土地や運の強い石は、野生の動物がよく見極め、病気や怪我の時は、運の強い土地や運の強い石に腹ばいになり、じっとしていると言われています。現在の人間は、野生の本能を失って、運の強い土地や運の強い石を見極め利用する能力が落ちていると言われています。アメリカで大ベストセラーになったカルロス・カスタネダシリーズでは、運の強い土地や運の強い石の見極め方や利用法も書いてあります。

運の強い土地に墓地を求めて墓石を立てるだけでなく、そこに自宅や工場や事務所や働く場所を作った方が良いようです。

3代仲良く同居して健康で長生きしておられる家族も、運の強い土地の上に自宅を持っています。このような家に泊まらせてもらうと、本当に気分がよく、元気が出ます。

プロフィール
最新コメント
Recent TrackBacks