2010年01月

2010年01月19日

大理石製の室内墓石「ほとけの座」をつげ石材が製造:33万円から

岐阜県中津川市蛭川のつげ石材は、重さ13kg〜16kgの室内墓石「ほとけの座」を製造。価額は33万円からで、名古屋市の(株)アイヴィーズが販売している。

仏壇を小さくしたようなタイプで、中に遺骨が収められ、仏像と位牌、線香立て、ロウソク立てもある。

「いつでも好きな時に故人と話ができる場所。手を合わせた時いつも故人がそこに居て、心の通う供養ができる場所。そんな手元供養を望む新しい声に寄り添って室内墓石ができました。これからは、手を合わせたい時が墓参りです。引っ越してもずっと一緒です」と言っています。

このような室内墓石なら、墓石を倒す最近の新種の流行のいたずらの被害にもあいません。

自宅内で墓参したいのならば、室内墓石「ほとけの座」を購入する他に、分骨した骨壷をこれまでの仏壇内にまつったり、ペンダント内に入れたり、遺骨で強化ガラスのペンダントを作る方法もあります。

★骨壷★は楽天で各種あり、安いものは500円からあります。

kibou3790 at 21:05 この記事をクリップ!
墓石 
プロフィール
最新コメント
Recent TrackBacks