テキストリンク
テキストリンク

墓石デザイン

ランドグレンモニュメント社(本社:アメリカ シアトル)は、新しい墓石デザインである「光り墓」の高級アートガラス墓石を、予約注文で250万円以上で日本で発売開始した。月に15基限定生産。

御影石と耐久性が同等の厚さ10cmのガラスを利用して制作したデザイン墓石。

「光り墓」は、朝日に輝き、夕日に映え、時間とともに様相を変える。アメリカでは、「子供のお墓を少しでも明るい雰囲気にしたい」と強く願う両親から、建墓依頼が増えているようだ。

ランドグレンモニュメント日本正規輸入代理店は、フォースプレイス株式会社(〒135−0062 東京都江東区東雲1-9-11-1415)。

ガラス製墓石

墓石デザインは、和型と洋型があり、近年は洋型や独自デザインのオリジナルデザイン墓も、目立つようになりました。色もグレー系以外もいろいろ使われ、ピンク色も人気化。

昔から日本で建てられてきたなじみ深い墓石デザインは、縦長の台石(だいいし)を2段重ねた上に、縦長の長方形の石を積み重ねた「和型」と言われるもの。「洋型」とは「和型」以外の型をあらわすもので、台形型もあればオリジナルでデザインした型などいろいろです。

関東地方の墓石デザインの傾向として、以前はグレー系の「和型」が多かったが、平成に入って「洋型」が次第に増え、平成14年くらいからは「洋型」の割合が高くなってきた。シンプルなデザインの 洋型の墓石が、民営の霊園で多くなった。

色も従来のグレー系だけでなく、赤、黒、白、緑などいろいろな色の石が墓石として使われるようになった。最近では、ピンク系の石が人気のようです。和型と洋型以外でも、石材加工技術が発達して、いろいろなデザインを形にすることができるように
なったため、いろいろなデザインのオリジナルデザイン墓も多く出現しています。


 フォトロン(長瀬朋彦社長)は、年末から、62万7900円で墓石プレゼンテーション支援システムの最新版「StoneMeister5(ストーンマイスター5)」を発売中。墓石完成予想図の作成が短期間で簡単にできます。対応OSは、Windows XP、2000以上。
 
 最新版では、外柵テンプレート機能をつけたため、外柵の作成時間をこれまでのシステムに比較して5分の1に短縮。また、アイコンはこれまでのものよりも1.5倍大きくして見やすくした。さらに、コマンド名称を日本語表示に変更し、墓石設計手順通りに配列するタブツールバーに対応したため、ユーザーのマウスの移動量を半減させた。

 さらに、施工予定地と容易に張り合わせできる写真合成機能を搭載。ユーザーズマニュアルも部材の作成方法など詳しく解説を入れて改訂。


プロフィール
最新コメント
Recent TrackBacks